相続さぽ-と湘南

0120-150-447(いごんはしょうなん)       初回ご相談は無料です!

遺留分って?

| 0件のコメント

よく耳にされると思います「遺留分(いりゅうぶん)」・・・

これは、亡くなった方の兄弟姉妹以外の相続人が、

「私はこれだけ※の相続分を受け取る権利がある!」と主張

して、遺産をもらい過ぎた相続人や受贈者へ請求できる

権利です。

(例)例えば、ご主人・奥さん・お子さん2人の家族でご主人が

亡くなった場合、

息子さんの遺留分は、法定相続分1/4に遺留分割合の

1/2を乗じた割合=1/8(上記※に相当)となります。

 

これが認められるには、必ず裁判所へ提訴する必要はなく、

遺産をもらい過ぎた相続人や受贈者へ、

① まず内容証明郵便で主張を知らせ、

② そののち、双方で協議or調停(裁判所で実施)を行って

決着させます。

もちろん双方でもめてしまったら、裁判ということになります。

 

「なんだ!遺留分が主張できるのなら、遺言を書いても意味

ないじゃん!」と思われる方。

 

確かに、遺留分に抵触した遺言を書くかどうかは遺言作成者の

自由意思ですし、相続人も遺言を無視して、自分の相続分が

法定相続分より少なければ、遺留分を主張できますし、

「私の遺留分が侵害された遺言だけど、亡くなった父さんの言う

通りにしよう」もあり、です。

 

でも、遺言を書く人が、あらかじめ遺留分に配慮した遺言を

書いておけば相続人の個人的な受け止め方は別として、

法的に、何の問題も発生させずに相続を行うことができます!

 

「未然に争続を防止する」・・・

これはとても重要なこととして、遺言を作成する皆さんへお伝え

したいと思います。

そして、遺言者が遺留分を意識した遺言内容を、

1) 法律専門家が作成し、2) 原本を保管してくれる

【公正証書遺言】が、遺言として最適なカタチであるとをご提案します。

コメントを残す

必須欄は * がついています